少し前のことになるが、以下の事件がTBS「サンデーモーニング」で起こった。

(以下ウィキペディアより)
『サンデーモーニング』2010年5月23日放映分で、張本勲が途中降板した岩隈久志へ「エースとしてマウンドを守るべき」と「喝」を入れた。この際、出演者である江川は「途中降板もありなのでは」という意見を述べた。放映中には口論にならなかったものの、両者の関係がこじれたため、後日TBS側は何度か両者と話し合いをおこなった。しかし解決に至らず、江川は6月20日放映分への出演自粛をTBSから求められたとツイッターで明らかにした[3]。江川は今後の出演予定は未定としている

以来、江川さんの出演はない。

もともとは、この番組はある意味「人畜無害」的な感じがして、よく見ていた。
特に「スポーツコーナー」での親分と張本氏のかけあいも番組の中の人気コーナーであった。

しかしながら、最近あまりに「自分よがり」な発言しかしない某司会者。
また、この司会者はよく、自分の勉強不足を棚に上げてごまかそうとする。
スポーツで言えば、「特定の球団」の話題しか、興味がなく、後はどうでもいい的な感じがいつも
ハナについていた。

また、某張本氏も、以前から「独断と偏見」でしか、スポーツをとらえられない感じがいやで
しょうがなかったが、ついに、上記のような、「悪態」をさらけだした。

元々、この番組は「某司会者」の企画会社のスタッフをお抱えにした番組で批判をされたことも
あったが、TBSはこの件に関しては、「なんのことでしょか」的な感じでお茶を濁してきた。

まあ、TBSのレベルはこんなものでしょうけどね(苦笑)
これが「報道番組」というのだから、あきれるよね!!!!!

最近のマスコミは「弱い者いじめ」的な報道をどこも「呉越同舟」で報じているが、すでに
これは「マスコミ」の意味をなしてないよね。
江川さんは常に「社会」の「弱者」への思いやりを持った報道ができる数少ないジャーナリストで
あると思うのですが、こういう人を「干す」という、番組側の考え方自体、すでに終わっていると
思いませんか。

ということで、私は今後一切この「番組」は見ません!!!!!

どちらが本当に「喝!!!」であるか。みなさん考えればおわかりになりませんか???

しかしながら、日本のマスコミはなんで、こんなにひどくなってしまったのでしょう。
大新聞といわれる報道も最悪。「読売」と「朝日」の違いもわからなくなってきましたよ。


座頭市曰く 「いやな渡世だな」 (嘆・・・・・)

Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/299-0947ec91