野球賭博を、申告した大関琴光喜が、名古屋場所を休場へ。

ご当地力士だけに、ますます、観客動員に影響を与えるだろう。

しかし、こうも不祥事が続いては、さすがの相撲好きの私も参ったなあという感じ(苦笑)
今回の件では、協会の隠蔽の体質が一番の問題であると言えよう。

私的には、大相撲は「スポーツ」と思っていない。「興行」である。
だから、すべて厳格で片付けられない側面があると考えている。
「興行」はある意味、昔から「その関係」との人に支えられた経緯もある。
他の、エンターテイメントも、少なからずまだ「その関係」はあると思う。

決して、いいことではないが「興行」と言う昔ながらの流れでいろいろな付き合い方があると思う。

ただ、今回は、その前の木瀬親方と言い、琴光喜と言い、事実を隠すのが露骨過ぎたと言える。
また、「野球賭博」と言う、一番複雑な「流れ」の賭博に関わったという、罪は大きいと言える。
その他の、日常の「余興的」な遊びとは、全く異なる「流れ」のものだからである。

協会特有の「しきたり」的なものは、すでに現代には通用しないことを認識して欲しい。
いい「しきたり」はあくまで、「伝統文化」と言う意味で活かしていくしかないのだから。

私は、やはり「相撲」と言う、未だに、「ちょんまげ」が残っている唯一の「文化」は貴重だと
思うので、何とか、協会が立て直しをしてもらうことを願います。

ただし、琴光喜については大関なので、自ら「清い進退」を期待したいと思います。
社会的な責任は大きすぎます。

しかし、本当に、次から次へと、問題山積ですよね(苦笑)
Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/275-0be9867a