3/29(月) 雀松・市馬二人会@天満天神繁昌亭

大阪出張の折、二人会へ
前回の、雀々さんにつづく、 枝雀一門とのコラボ

雀五郎さん「時うどん」

実は、「時うどん」バージョンは初めて聴きました。
結構上方の落語も聴く機会が増えて、雀五郎さんのお顔も慣れました。
なんか、私的には好きなキャラです(笑)

雀松師匠「般若寺の陰謀」

小定田さんの作品ですね。
市馬師匠との縁のお噺をマクラに・・・
今日も、歌が出ますねと(笑)

この噺は、初めて聴きました。
小佐田さんの作は、大好きです。
古典の匂いがてんこもりなので。

市馬師匠登場
「大工調べ 序」
マクラで、先代の正蔵師匠の噺
「ミスター尖がり」ですが、本当に愛すべき師匠でしたよね。
また、市馬師匠の真似、秀逸です。

序の部分でしたが、相変わらずの気持ちいい市馬節が堪能できました。
江戸っ子を語らせたら、今この師匠にかなう人はいないと思います。

 (中入り)

市馬「長屋の花見」

この噺も、先代小さん師の十八番。
市馬師匠も、なんでもないこの噺を楽しくさせてくれる技量
先代そっくりです。お歌も出ましたよ(笑)

トリは

雀松師匠「愛宕山」

私は、雀松師匠演じる、女性が大好きです。
この師匠は、本当に色気を感じさせてくれる貴重な師匠です。
舞妓はん、 お稽古屋のおっしょさんなんか最高ですよね!!!

ある意味、この二人は「江戸・上方 通好みの会」では(笑)

これからも、常時二人会をお願いいたします!!!
Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/196-3f584184