大好きな、市馬師匠の落語。
実は、今年は、今日がはじめて。

なおかつ、大阪です。
そして、ドジな私はチケットをどこかに忘れ、今回は何とか受付にお願いし
入場できました(さすが、チケットぴあでの購入はわかりやすい)

まずは、上方落語会の松坂大輔こと 笑福亭 喬若さん
「道具屋」
雰囲気は、ソフトですが、いざ噺をはじめると笑福亭の「気」がでます。
楽しみな、噺家さんです。

あれ、市馬師匠登場
本当は、たい平師匠でしたが、遅れている様子。

十八番の 「掛取り」
今回は、「掛取り美智也」バージョンで、上方の顧客をうならせておりました。
昨年末、師匠の「掛取り」が聴けずじまいで、本当にうえれしかったです。
やはり、このネタへの、師匠の思いも大きいので、楽しくて大満足でした。
関西の市馬ファンも、どんどん増えてきているようです。

桂都丸 「試し酒」
これも、何度か聴いておりますが、今や師匠の十八番ですね。
塩鯛襲名まで、もう少しですが、やはり、都丸師匠のキャラを、是非伝承お願いします。

中入後

林家たい平
「長短」

久しぶりの、生 たい平師匠でしたが、どうしてどうして、すばらしい。
特に長さんの表情は最高でした。
是非、 林家泰葉の襲名披露をお願いいたします(笑)


トリは桂三枝 「背なで老いてる唐獅子牡丹」
楽しませて頂きました。

皆様、チケット紛失はご用心。
入場させてくれて、ありがとう!!!

996.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/167-77cfc2ab