ala1002032207028-f1.jpg
すべてを、何とかごまかしながらかわそうとする協会の体質。

もう、いいかげんにしろよ!!!
まずは、大甘の調査委員会の対応。
本人の聴取に消極的。そりゃ身内だから当然かもしれないが
すべてが、矛盾している。

2月4日に横審が臨時会合を開く模様。
横審も、なめられたものだが、今回こそ存在感を示すいい機会かも。
是非、厳罰を勧告して頂きたい。

次に、立浪一門の安治川親方の慰留!!!
おいおい、なめんなよ。 世間体を考えたのか。
なら、最初から「犯人探し」はするなよ。

全く、体質が変わっていないな。
守るのは「相撲道」の伝統であり、協会の体質まで、古いままでいいわけがない!!!

文部科学省ももっと介入すべきだ!!!
この点については、介入OKだ。

安治川親方は責められないよ。協会に残してあげられることは良かったと思う。

湊川親方の言葉 「反省会、そのものの意味がない!!!」
そのとおりである。
そもそも、無記名なのだから・・・・・

本当に、相撲ファンをなめんなよ!!! 
ファンをばかにすると、本当に痛い目にあうぞ!!!

わかっているのか、のさばっている爺さんどもめ!!!!!!!!!!
Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/164-b9b61f67