2009.12.30 年末落語三昧
年末の忙しさにかまけて、全くブログの更新を出来ず(泣)

そこで、一挙に12月の落語三昧の私をご紹介


まずは、 12月12日 「さん喬 松喬二人会」
ワッハ上方ホール

大阪出張の折、大好きな両師匠の二人会へ

「そば清」 さん喬
「一人酒盛り」 松喬
「尻餅」    松喬
「中村仲蔵」さん喬

いやあ、素晴らしかった!!! 両師匠の十八番の連続
特に 「一人酒盛り」 松鶴師匠ばりで 感動
また 「中村仲蔵」 はさん喬師匠の動きの素晴らしさに感動

本当に、得した感じ(笑)

15日は 内幸町ホールで「京の噺家 桂米二でございます」
大好きな、米二師匠の会。

師匠は二席

「ふぐ鍋」
「胴乱の幸助」

「ふぐ鍋」最近聴いたばかりですが、相変わらず楽しい
「胴乱の幸助」 は初めて聴きました。 多才な師匠ならではの演目
 思わず、「さすが、じーやん!!!」と叫びたくなりました。

21日は 「古今亭志ん五 独演会」 日暮里サニーホール
恒例の、志ん五師匠の会

大五朗さんの二つ目昇進おめでとう

「ひと目上がり」 上がりまくってました(笑) しゃれではありません(笑)

師匠は 「強情灸」 「不動坊火焔」

いやあ、大爆笑でした。 さすが、師匠です。
今年の、いやなことすべて吹き飛ばすくらい笑わせて頂きました!!!
「与太郎志ん五」 健在です。

25日は 年末恒例の 末廣亭での むかし家今松師匠のトリの下席

師匠 「風の神送り」
めずらしい噺をやっていただき感激!!!
さすが、しぶい今松師匠ならでは。 この噺。知らない人が多くまわりのおじさんたちに
後で、教えてあげました。 おれってすごい(笑)

26日は 、友人宅で 初の本格的落語を披露。
ここ一カ月、一生懸命練習してきました。

「厩火事」 下野(しもの)師匠のアドバイスを胸に、約15分。
 われながら、50点はもらえたかな。 亡き親父の着物を着て(笑)

さあて、27日 トリはおなじみ「年忘れ 市馬落語集」 銀座ブロッサム会館

ご愛顧30年企画の最終公演

市馬 「味噌蔵」
花緑 「天狗裁き」
談春 「小猿七之助」

師匠の 「どかじゃか どかじゃか」 最高でした!!!
なんと、高座返しで三三さんも登場 楽しかったです。

二部は おなじみ「昭和歌謡大全集」

加藤さんの名司会と 市馬師匠の熱唱!!!

三橋・春日・橋 などの有名レパートリーだけでなく、三船浩・佐々木新一も登場。
渋いな、ほんとに師匠は、楽しそうに歌っておりました。

「柳亭市馬のファンになって、本当によかった」
そう感じた一夜でした。

しかし、今年もよく仕事したな(失礼) 落語聴いたな(笑)でした。


Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/146-b60246d3