森繁久弥さんがなくなられた。
96歳。大往生である。 しかし、残念である。

最近、大物男優がどんどん鬼籍になっているので、お元気でなによりと思っていたが。

森繁さんといえば
NHKアナウンサー試験に合格し満洲に渡る。満州電信電話の放送局に勤務。満洲映画協会の映画のナレーション等を手掛ける。甘粕正彦とも交流があった。満州巡業に来た5代目古今亭志ん生、6代目三遊亭圓生らとも親交を結ぶ。この頃、新京の劇団に所属していた芦田伸介と知り合う。
なんていうエピソードもある。

また、なんと言っても、「社長」シリーズ

1952年、源氏鶏太原作のサラリーマン喜劇(河村黎吉主演『三等重役』)に要領のよい人事課長役で助演。本作は好評を博し、後に河村が急逝したこともあって久彌が社長役として主演の「社長」シリーズへと発展する。 こんなきっかけがあったそうだ。

わたし的には、 TBSの大作歴史ドラマ「関ヶ原」の徳川家康役である。
今現在、これほどのオールスターキャストの歴史ドラマはまずないと言える(以下)

『関ヶ原』(せきがはら)は司馬遼太郎の小説「関ヶ原」を原作に、TBS系にて1981年1月2日から1月4日まで3夜連続で放映された大型時代劇。

東軍
徳川家康(東軍盟主、五大老筆頭、武蔵国江戸城主、江戸内大臣) - 森繁久彌


徳川秀忠(家康三男、前中納言、中山道別働隊総大将) - 中島久之
本多正信(家康の謀臣、中山道別働隊軍監、佐渡守、通称・弥八郎) - 三國連太郎
鳥居元忠(家康の重臣、伏見城の城将、通称・彦右衛門尉) - 芦田伸介
本多忠勝(家康の重臣、徳川四天王、通称・平八郎) - 高松英郎
村越直吉(家康の旗本、清洲城への使者、通称・茂助) - 藤木悠
福島正則(反三成派の大名、尾張国清洲城主、幼名・市松) - 丹波哲郎
加藤清正(反三成派の大名、肥後国熊本城主、幼名・虎之助) - 藤岡弘(現・藤岡弘、)
細川忠興(反三成派の大名、丹後国宮津城主) - 竹脇無我
堀尾忠氏(遠江国浜松城主、信濃守) - 角野卓造
山内一豊(遠江国掛川城主、対馬守) - 千秋実

西軍
石田三成(五奉行、事実上の西軍盟主、近江国佐和山城主、治部少輔、幼名・佐吉) - 加藤剛(子役・中田勇)


島左近(三成の重臣) - 三船敏郎
舞兵庫(三成の重臣、別名・前野忠康) - 草薙幸二郎
弥一(島左近の家来)-常田富士男
毛利輝元(五大老、名目上の西軍総帥、中国120万石の太守、安芸中納言) - 金田龍之介
宇喜多秀家(五大老、軍事面の西軍総帥、備前国岡山城主、備前中納言) - 三浦友和
上杉景勝(五大老、会津若松城主、会津中納言) - 三沢慎吾
大谷吉継(西軍首脳、三成の親友、越前国敦賀城主、刑部少輔) - 高橋幸治
小西行長(西軍首脳、親三成派の大名、肥後国宇土城主) - 川津祐介
安国寺恵瓊(西軍首脳、毛利氏の外交僧) - 神山繁
直江兼続(西軍首脳[在会津]、上杉景勝の重臣で石田三成の親友、山城守) - 細川俊之
小早川秀秋(寝返り組[松尾山]、秀吉の甥、筑前国名島城主、金吾中納言) - 国広富之
平岡頼勝(寝返り組[松尾山]、小早川家家老、石見守) - 久米明
吉川広家(傍観組[南宮山]、毛利氏の重臣、出雲国富田城主) - 勝部演之
島津義弘(傍観組[北国街道]・維新入道・薩摩・大隅・日向の国主) - 大友柳太朗
増田長盛(五奉行、大和国郡山城主) - 平田昭彦
丹羽長重(加賀国小松城主、当初は東軍に所属、後に加賀で前田利長軍と交戦)- 矢崎滋

女性たち
北政所(秀吉の正室) - 杉村春子
淀殿(秀吉の側室で秀頼の母) - 三田佳子(子役・佐々木美枝)
芳春院(俗名・阿松、前田利家の正室) - 沢村貞子
大蔵卿(淀殿の乳母、女官)-賀原夏子
孝蔵主(北政所の女官)-三崎千恵子
阿茶局(家康の側室) - 京塚昌子
お夏局(家康の側室) - 古手川祐子
細川ガラシャ(明智光秀の娘、俗名・珠子、細川忠興の正室で敬虔なキリシタン) - 栗原小巻
茂助の妻(村越茂助の妻) - 沢田雅美
老婆(美濃国の百姓) - 浦辺粂子
出雲阿国(女歌舞伎の頭領) - 木の実ナナ
初芽局(三成の愛妾、黒田家の間者) - 松坂慶子

その他
豊臣秀吉(太閤) - 宇野重吉
前田利家(五大老次席、加賀国金沢城主、加賀大納言) - 辰巳柳太郎
前田玄以(五奉行筆頭、民部卿法印、徳善院) - 庄司永建
浅野長政(五奉行次席、弾正少弼、甲斐国甲府城主) - 稲葉義男
原マルチノ(天正少年遣欧使節の一員でカトリック司祭) - 田中健
名古屋山三郎(蒲生家浪人で槍の名手、出雲阿国の情夫)-三浦洋一
国友寿斎(近江国友鉄砲鍛冶の頭領) - 笠智衆
神谷宗湛(博多の豪商)- 北村和夫
北庵法印(島左近の舅) - 大滝秀治
日野屋主人(近江水口宿の旅籠) - 藤原釜足
善説(近江古橋村・三珠院住職) - 下元勉
与次郎太夫(近江古橋村の名主) - 今福将雄
ナレーション - 石坂浩二

奇跡のキャスティング」と呼ばれる超豪華キャストが多数参加しているうえに、司馬の原作を違和感なく再現してみせたドラマであることから、時代劇のファンを中心に今でも評価が高い。

何度見ても最高のドラマ!!!
そして、「狸じいさん」の家康  森繁久弥さん良かったです。

また、昭和が逝ってしまいました。  合掌。

gnj0911110506029-n1.jpg

Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/140-fc3aec79