恒例の   市馬  喬太郎 「二人のビックショー」
月曜につづいて、練馬文化センターです。

まずは 前座  市也さん  「出来心」
少し最近元気がない感じ。 明るさが一番ですよ。
がんばってくださいね。 

寒空はだかさん
トップバッターで、少し緊張気味かな。
はだかさんのネタは、よりマニアックなので会場のうけも気にしていましたが
マニアックさが師匠の宝ですから、どんどん突き進んでほしいです。
お兄さんが山で遭難する歌(笑) おもしろかったです。
「東京タワー」   そして、「新タワー」(笑)  の歌も出ました。

喬太郎師匠登場
マクラで「ひとりカラオケ」のネタや昔のアイドルの話。
世代が一緒であり(昭和38年生まれ) 一緒に来た友人2人と抱腹絶倒!!!
あまりのおかしさに涙が出てきました。
さん喬師匠や雲助師匠も登場して、演芸好きのわたしとしてはうれしい限り。

そして「中華屋開店」 
初めて聴きましたが最高でした。 教授・五十嵐・長谷川・お嬢様みんな素敵!!!
師匠、大熱演でした。

中入り後

市馬師匠 30年記念口上
はだかさん、喬太郎師匠 市馬師匠登場

市馬師匠は、はだかさん・喬太郎師匠を学生時代から知っているそうな。
気心知れた、三人のほのぼのとしたトークよかったです。
師匠の「ソーラン渡り鳥」も聴けました。

さん弥さん  寿三十年舞姿 「九段の母」
ちとこれは???  お愛嬌(笑)  喬太郎師匠がお詫びを(笑)

トリは、師匠「淀五郎」
師匠の生は初でした。
30年記念のトリらしく、それまでのなごんだ雰囲気が、少しピリッと締まりました。
でも、もちろん師匠ですから、決して堅苦しい感じはなく、良かったです。
特に仲蔵のやさしさが、すばらしく、じーんと来ました。

30年、本当におめでとうございます。
そして、これからも  「たっぷりと」 お願いいたします!!!

360.jpg
Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/131-24584f25