映画、「関ヶ原」公開

鑑賞してきました。
本編、二時間半。

まずは、一言。「薄い」

21368876_1886086454830738_1145111500702319446_o.jpg

プログラムを読みましたが、3カ月で撮ったとのこと。
どうりで無理があるなあと。

確かに、今の時代は、最初から「キャスト」ありき、そして「事務所」の意向。
わかってますよ。でも、原田監督。司馬さんの「関ヶ原」に挑戦したいとの意気込みなら
それはないでしょう。

この「大作」を、たった3カ月で撮りきる。はっきり言って無理!!!

キャスト
石田三成:岡田准一
初芽:有村架純
島左近:平岳大
小早川秀秋:東出昌大
徳川家康:役所広司

まずは、この5人はよしとします。
左近も、なかなかよかった!!!
初芽も、可愛い、少し「役」の流れには無理があったけどね。

東軍

井伊直政:北村有起哉
福島正則:音尾琢真
加藤清正:松角洋平
黒田長政:和田正人
本多正信:久保酎吉

西軍

大谷刑部:大場泰正
直江兼続:松山ケンイチ
安国寺恵瓊:春海四方
八十島助左衛門:堀部圭亮
島津惟新入道:麿赤児

西軍キャスト薄すぎ。
ほんとは、東軍も西軍ももっと「ポイント」になる人がいるのに。

西軍なんて、ほぼ、大谷刑部と島左近のみで動いていた。
おまけに、直江兼続(マツケンだから)

そして、「関ヶ原」までの

会津征伐→佐和山城での大谷・安国寺・増田の軍議→→小山評定
→伏見城落城→岐阜城争奪戦→杭瀬川の戦い 

など、要所の流れが全く描けていない。

正直、だらだらと流れを追っているだけの感じがした。

そして、当初から言っていた、小早川秀秋の「司馬史観」からの
脱却の「解釈」も、中途半端でした。

ごめんなさい。文句ばかりで。でも、この「大作」を敢えていどんだ
原田監督には「敬意」を評します。

できれば、3カ月では厳しい。2回か3回に分けて演じて頂きたかったです。

それほど、「関ヶ原」は難攻不落な「作品」と考えます!!!!