ずっと、出張で、ヘトヘト。

めずらしく、「のんびり」と野球を観戦。
やはり、CSらしく、「緊迫」した一戦であった。

ハムは田中賢介が、「復帰」
ブランクを感じさせない「動き」をしていたがまさかの「大事なところでの」エラー。
やはり、「実戦」の「打球」の練習ができていなかったのかな。

一方、西武は、西口が好投したが、「ピンチ」を迎えて、石井一久へ「継投」
この、「采配」がずばりとあたって、「ピンチ」を切り抜ける。
さすが、二人のベテランは、「短期決戦」の戦い方を知っている。

ハムは、大事なところで、「エラー」や糸井・小谷野・稲葉が「ブレーキ」
それにしても、ハムの後半の「勢い」のなさは、「梨田監督退任」報道に尽きるのでは。
「既定路線」とは言っているが、あのタイミングでの、「退任」は???

西武は、一時は、最下位も最後に「CS」に滑り込んだ勢いをそのまま活かした感じ。

しかし、「札幌ドーム」の「熱気」には感心。
やはり、地元一体の「ハム」の力はたいしたものだ。
そして、「東京ドーム」から出てよかったよね。
パリーグの人気もすでに、「セリーグ」を抜くのでは。

我、「ベイスターズ」はどうなるのか??
複雑な気持ちになってしまったよ・・・