以下、日刊スポーツより抜粋

日本相撲協会は28日、愛知県体育館で秋場所(9月12日初日、東京・両国国技館)の番付編成会議を開き、新十両4人を含む十両昇進力士7人を発表した。7人の十両昇進は、年6場所制が定着した58年以降2番目の多さ。野球賭博関与の十両4人が名古屋場所を謹慎休場したため、異例の大人数入れ替えとなった。再十両の琉鵬(33=陸奥)は、現行制度では初となる幕下10枚目以下からの全勝以外での昇進にビックリ。野球賭博に関与しながら出場した城ノ龍(26=境川)は、涙の新十両となった。



今回の特徴は、なんといっても琉鵬の11枚目での、6勝1敗での昇進である。
現行制度では、幕下15枚目以内で全勝ならば十両に昇進するが、今回は幕下7日制での
最下位からの昇進になった。
過去、幕下9枚目での前進山・白鵬以来の大珍事である。

まあ、これもひとえに、琴光喜の解雇・十両4力士の謹慎・十両下位での2人の大負けがあったからこそである。

以下、昇進力士


仲の国(中国)西2枚目 4勝3敗 湊部屋
城ノ龍(モンゴル) 東4枚目 5勝2敗  境川部屋
栃乃若(兵庫) 西4枚目 4勝3敗 春日野部屋
宝富士(青森) 西5枚目 5勝2敗 伊勢ヶ浜部屋


佐田の富士(長崎)東1枚目 4勝3敗 境川部屋
琉鵬(沖縄) 西11枚目 6勝1敗 陸奥部屋
十文字(青森) 東12枚目 7戦全勝

さすがに西6枚目芳東と東7枚目深尾は昇進ならなかった。

そして、先日ブログに書いた「舛ノ山」
来場所は、相当幕下上位での対戦になる!!!!!

がんばれ!!! 「関取」はもうすぐだよ!!!