会社の同僚から、情報を聴き伺いました。

小ホール(つつじホール)

この会も、結構練馬区民に浸透しているようですな。

まずは、開口一番 市也くん 「牛ほめ」
彼の明るいキャラクターはいいですよね。

小太郎さん「お菊の皿」
彼は、何度も、寄席等で聴いていますが、山椒は小粒でぴりりと辛いタイプでしょう。
期待していますよ。

市馬師匠 「禁酒番屋」
久しぶりに聴いたかも。でも、よっぱらう姿を演じる師匠は秀逸です!!!
マクラの彦六師・馬生師・小さん師の噺も楽しかった。

中入後

三三師匠 「釜泥」
マクラで駄洒落のオンパレード。
そして、中村橋に住んでいた時の西武線事情トーク、笑いました。
「釜泥」はある意味、今や三三師の十八番です。次期小三治ですかね???

トリはさん喬師匠 「井戸の茶碗」
正直者の「勢兵衛」 浪人の「千代田ト斎」 そして、細川家の家来「佐太夫」
全員が、善人の塊!!!

そして、それぞれが、自分の仕事・身分・そして品格に富んだ人たちの御噺です!!!

今の、アホ政治家につめの垢をせんじて飲ませたいくらいですよ!!!

日本人特に政治家諸君は、もう一度、この愚直なもとでの、必要性を認識しなさい!!!

やっぱり、古典は胸がすっきりしますね。「勧善懲悪」の世界ですよ。

アホ政治家たちよ、もう一度自分のビジョンを認識しなさい!!!

でも、それが解っていたら今の日本の混迷はないかな(苦笑)