よっしーのつぶやき

横浜ベイスターズのこと、落語のこと、大相撲のこと。JAZZのこと。

よってけ柴又落語会 その1

久しぶりの落語会へ。
場所は柴又。落語終了後。うなぎを頂く予定楽しみ(笑)

34889031_2127014204071294_1976717075455934464_n.jpg

上野鈴本演芸場 権太楼噺 爆笑十夜 二日目

GWの合間。仕事でしたが、夜は時間が取れたので、久しぶりの鈴本演芸場へ。
当日券を購入して、「権太楼噺 爆笑十夜」の二日目。

曲独楽 三増紋之助 
ほんと、いつ見ても楽しい。そして「巧い」 トークもおもしろい。

落語 古今亭菊之丞  「権助魚」
落語ザ・ムービー(NHK)に出た時、役者が今話題のグループTのYさんだったとか(苦笑)
本編、菊之丞の「おかみさん」役は好きです。

落語 入船亭扇辰  「一眼国」
結構、寄席で時間がない時、扇辰師がかけるネタ。ネタとしてはあまりおもしろくないけどね。
いつもながら、安心の「落語」でした。

ギター漫談 ぺぺ櫻井
ギターで、JR山手線の発車メロディ。これは、初めて聴きました。
おわりは、「さよなら」で退場(笑)

落語 柳亭市馬 「雛つば」
市馬師も久しぶり。やっぱりいいなあ。安心します。
こしゃまっくれた、じゃりが「痛快」

落語 三遊亭歌之介 「龍馬伝」
楽しかったけど、龍馬は少ししか出て来ない。さすが爆笑王!!!

お仲入り

漫才 ホンキ―トンク
この二人の「狂気的」な漫才。大好きです。テレビでは絶対みれません。

落語 入船亭扇遊 「たらちね」
大好きな、噺家さんです。この方を聴いてつまらなかった覚えが一度もありません。
すばらしいです。

紙きり 林家楽一
まだ、若手ですが、この方の、なんともいえないキャラが好きです。
ごんちゃんが、後程、どんどん、お題でいじめてやってくださいと(笑)

落語 柳家権太楼 「らくだ」
今日は、らくだを聴きたくてきました。
いやあ、本編約50分。堪能しました。
大家の「性悪」さが楽しい。そして、屑やの「変貌」も秀逸。
らくだの舎弟((笑)も最高。
権太楼師の、ある意味「大胆さ」と「繊細」さの融合された落語は
落語を好きになる、「ベース」がすべて備わっている。
いつも、思います。感心します。

反省会は、中板橋で(笑)

31764631_2092295380876510_6212234722634891264_n.jpg


31776117_2092295427543172_8767392989879205888_n.jpg

むかし家今松独演会 国立演芸場 4月28日

久しぶりの落語仲間との会。
もしかしたら、今年初の「落語会」かもしれない(笑)

年末も、むかし家今松でした。今回も年明けにDMを頂いており
Sさんが、席をまとめて取ってくださったので、現地で待ち合わせ。


開口一番

柳家あお馬 「やかん」
前座さんですが、なかなか歯切れよし。期待できます。
小せん師のお弟子さんですね。

立川幸之進「黄金の大黒」
正直聴いているのがつらかった。まったくリズムがないし
くすぐりも「寒い」 厳しい言い方だが、勉強しなおしてほしい。
お金を出して聴く落語ではない。

柳家小せん「野ざらし」
いやあ、すばらしかった。
その前の、幸之進がひどかったので、ほんと、場の空気を変えてくれました。

小せん師は、サゲにもつながる「幇間」が出てくるところを「夜鷹」に変えています。
だれの、演出か調べたら作家の愛川晶さんの改作とか。
神田紅梅亭寄席物帳シリーズという、落語を題材にした「推理小説」を書いています。
ご一緒した、Kさんに伺ったら、小せん師は、この噺を寄席のトリでかけている「十八番」で
すよと教えて頂きました。今日は、ラッキーです。

むかし家今松 「花見の仇討」
昔から、「花見」などの「嗜好」ではよくこういう「仮装」のような演出をしていたことを
話しながら「本題」に。このネタ、たしか先代馬生も得意にしていたような。

いつも感じることだが、今松師のすごいところは、無理に笑わそうとしない。
いつも、自然体である。でも、「味」があるのである。通にはたまらない(笑)

お中入り

むかし家今松 「子別れ(通し)」
本編、通しにしたら、1時間半かけてもいいくらいの大ネタ。
でも、師匠は、約1時間で演じた。
無駄がない、でも「ポイント」はすべて注入されている。
これが、本当のプロの「落語」なのだと思う。

立川流の「だらだら」な二ツ目の落語を聴いてしまったので余計にそう
思ってしまったのかもしれない(苦笑)
古今亭がんばってくれよ。やっぱり「落語」は古今亭がいないとね。

反省会は、半蔵門駅そばの「栄翔」
初めて行きましたが、意外とあたりでした。餃子がうまかったなあ。

31400908_2088737707898944_4307847818761203994_n.jpg





二番煎じ、リレー落語

落語好き仲間と、ベイスターズの昨年の「日本シリーズ」出場祝いを。
桜木町の「鳥伊勢」にて。
Sさんの「リクエスト」で当日は「リレー落語」を披露。
落語好き先輩のKさんが前半、 私が後半でした。
いやあ、難しい「噺」ですよ。

以下あらすじ(ウィキペディアより)

ある冬の晩、番太が年末休みのため(東京では「番太だけでは心もとない」というので)、防火のための夜回りを町内の旦那衆が代わりに行うことになった。番小屋に集まった旦那衆はふた組に分かれ、最初の組が夜回りに出る。

危機感のうすい旦那衆は、厳しい寒さに耐えかねて横着をきめこみ、手を出したくないので懐の中で拍子木を打ったり、冷えた金棒を握りたくないので紐を腰に結わえて引きずって鳴らしたり、提灯を股ぐらに入れて暖をとったりする。「火の用心」の掛け声を試行錯誤しているうちに謡のようになり、新内節のようになり、端唄をうたっていくうちに、遊び自慢の雑談になってしまう。

組が交替となり、最初の組が番小屋で火鉢を囲んで暖をとっていると、ひとりが栓をした一升徳利(ふくべとも)を出してくる。中には酒が入っており、皆に勧める。夜回り中の飲酒は禁止されていたが、「これは風邪の煎じ薬だ」と皆でうそぶき、燗をしてこっそり飲む。「苦い風邪薬の口直し」としてししの身、味噌、焼き豆腐、ネギなどが用意され、しし鍋を作るに至り、即席の酒宴になる。

その時、番小屋を管轄している廻り方同心が、外から小屋のにぎやかな声を聞きつけ、「番! 番!」と呼ぶ。酔っ払った旦那衆は最初「野良犬が吠えている」と勘違いしたが、戸を開けると侍だったために大きくあわてる。旦那衆のひとりは火鉢の鍋の上に座って鍋を隠すが、酒は隠しきれず、同心にただされる。旦那衆のひとりが「これは酒ではなく、煎じ薬だ」と言うと、同心は「身共もここのところ風邪気味じゃ。町人の薬を吟味したい」と言って酒を口にし、「うむ、結構な薬だ。もう一杯ふるまわんか」。結局同心は鍋も目ざとく見つけ、鍋も酒もすっかり平らげてしまう。旦那衆が「もう煎じ薬がない」と告げると、同心は、

「しからば、いま町内をひと回りしてまいる。二番を煎じておけ」

古今亭志ん朝の「大須演芸場」での音源を頼りにしながら、「学習」しましたが、まあできは50点かな。
私は。   Kさんの方が「断然」上ですね。

でも、リクエストいただいた、Sさんからは「評価」を頂きました(笑)

次の、お題は「子別れ」 口がすべりました。難しすぎる!!!
Kさんと、合同練習しないと(苦笑)

26841178_1993690530736996_7588991998438363012_o.jpg

年の瀬は、今松を聴かないと・・・

今年も、一年ありがとうございました。
今年も、忙しさにかまけて、あまりブログは書けませんでした。
大好きな、相撲とベイスターズの観戦が中心となってしまい、これまた大好きな「落語」
は正直ほとんどいけませんでした。
以下は、FBにも載せましたが、私の、ベイスターズと相撲の10代ニュース

1. 横浜DeNAベイスターズ日本シリーズ進出
2. 隆の勝が十両昇進
3. 稀勢の里が横綱昇進
4.ベイスターズ3夜連続サヨナラ勝ち
5. 日馬富士引退と日本相撲協会不祥事
6. 太一山、幕下へ上がる
7. ベイスターズタイトルホルダー続出(ロペス・宮崎)
8. CS甲子園での「泥試合」筒香執念のヒット
9. 新人濵口大活躍10勝
10. 大相撲若手の台頭(阿武咲・貴景勝・北勝富士)

では、本題に。年の瀬、ようやく時間をとって「寄席」に行ってきました。
大好きな、むかし家今松を聴きにね。
新宿末廣亭の席亭が、大の今松ファンなので、12月の下席の「トリ」は
必ず、今松なのです。

今年の演目は、以下でした。

21日初 日「井戸の茶碗」
22日二日目「らくだ」
23日三日目「穴泥」
24日四日目「居残り佐平次」
25日五日目「三井の大黒」
26日六日目「火事息子」
27日七日目「富久」
28日千穐楽「芝浜」

五日目と七日目に伺いました。

まずは、五日目
アサダ二世の「奇術」 今日は、私はちゃんとやりますよ。健在です。
落語は
柳家一久 「子ほめ」
桂ひな太郎「紙入れ」
林家錦平「不動坊」
三遊亭歌之介「三遊亭円歌をしのんで」
爆笑王、歌之介。楽しかったです。円歌師匠は今年亡くなられたのですね。
不思議な「魅力」のある師匠でした。

お仲入り後
橘家蔵之助「猫と電車」
漫才笑組  ゆたかさん、絶好調でした。
柳家小里ん 「長短」  渋いね。 大好きです。
春風亭一朝 「尻餅」 いいですね。 ぺったん最高でした。
ジャグリング ストレート松浦

トリは むかし家今松 「三井の大黒」
最近の日本の「ものづくり」の質の問題をマクラで提起しつつ
本演目へ。 お馴染み「左 甚五郎」もの
この噺と言えば、先代三木助や、扇橋が得意としていたが
さすが、今松、たんたんと、そしてこびらず随所に笑いをとりつつ
約40分の熱演であった。このネタは、毎年の下席でも初めて聴けて
ラッキーであった。

七日目
柳家一九「だくだく」
桂ひな太郎「漫談」
奇術 ダーク広和  相変わらずマニアック。でも好きです!!!
林家錦平「悋気の火の玉」
三遊亭歌之介 「漫談」
この日も、歌さん絶好調。 途中まで円歌の噺だったが、その後はじゅとじゅでにじゅう(フランス語?)
場内大爆笑であった。

仲入り後
柳家一琴「真田小僧」
漫才笑組 ゆたかさん 今日も爆笑!!!
柳家小袁治 題名がわからない「噺」
春風亭一朝 「幇間腹」
太神楽 仙三郎社中

トリは今松 「富久」
おととしも聴いたかな。暮れはやはりこの「噺」を聴かないとね。
久さんの、どじだけど、やはり憎めないキャラが見事に描かれて
おり、最後は善人の久さんへの「ご褒美」

今年も、一年、日本は決していい年ではなかったような気もしますが
こうして、年の瀬に、「落語」を聴いて笑える自分が、いて皆様に感謝です。

来年もよろしくお願いいたします!!!

25791229_1980246158748100_5265217879333654295_o.jpg

 | HOME |  OLD >>

Calendar

« | 2018-06 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30