よっしーのつぶやき

横浜ベイのこと、落語のこと、大相撲のこと。

Category [未分類 ] 記事一覧

スポンサーサイト

日経新聞夕刊 こころの玉手箱 柳亭市馬

日経新聞の夕刊。一週間、柳亭市馬「こころの玉手箱」より。以下、所感初日相撲好きになったのは、祖母の影響。柏戸のファンであった。市馬は、ガキ大将で友達と相撲をとっても一番強かったらしい。落語家になってからは、先代小さんが「千代の富士」ファンでいつも、千代の富士の勝敗をチェックさせられていたようである。最近の相撲の楽しみは「行司」。品格ときびきびとした動きが楽しいらしい。呼びだしも好き。どおりで、市馬...

七夕七人会 小さん芸語録  7月7日  よみうり大手町ホール

エムズさん主催の落語会。小のぶ師匠が聴いてみたくて伺いました(笑)エムズさん、前半戦の大イベントとのこと。前座 柳家小たけ 「初天神」最近、彼の高座によく出会う。小里ん師匠のお弟子さん。とぼけた感じが、結構面白い。 今後が楽しみである。柳家小里ん 「棒鱈」とても好きな「噺家」さん。先日も「寄席」で聴いたが、ほんと「味」があるよね。「棒鱈」の田舎侍を、変に「誇張」せずに、しっとりと聴かせる。酔ったく...

昭和の芸人 千夜一夜  文春新書  矢野誠一

※すいません、なか見は検索できません(笑)久しぶりに、楽しい本に出会えた。まえがきで、「芸人」と「芸能人」の違いについて述べている。芸能人という言葉は昔なかった。戦時体制下で出来た言葉だ。もともと、芸人は河原者と差別されていた時代のコンプレックスをエネルギーに転化させてきたが、芸能人と言う「呼称」を得てかえって、輝きを生み出すエネルギーを失ってしまったのが惜しまれてならないと。しかりである。今の「...

児玉清さん 大好きでした。 安らかに・・・

俳優の 児玉清さんがなくなられた。77歳。最近までテレビに出ていたが、体調不良と聞いていて心配していました。(以下ウィキぺディアより)小学生の頃、群馬県・四万温泉に集団疎開した経験を持つ。東京都立工芸高等学校を経て学習院大学文学部ドイツ文学科入学後、演劇部に入部。当初は道具係だったが、上背があるということで無理矢理舞台に上がらされたという。その後、1年先輩でフランス文学科の篠沢秀夫(現・学習院大学...

スリーマイル島原発のデントン氏の対応に思う 日本の情報発信の危うさ

先日の「とくダネ!」(フジテレビ)で見た。スリーマイル島原発事故。NRCのハロルド・デントン局長の対応が「動揺」を抑えた。局長自ら、愚直に「情報」への対応をした。(要約)スリーマイル島原発事故の風評被害を最小限に抑えた。情報は一括して政府が出すべき、安全を証明するため自ら現場に立つことが重要と指摘。どこかの国の「対応」とは大違い。「政府」「東京電力」「原子安全保安院」次から次へと、「それぞれ」の主張...

ご案内

プロフィール

創塁パパ

Author:創塁パパ
落語大好き(特に柳亭市馬・古今亭志ん五・桂米二・古今亭志ん朝)
大相撲大好き(特に舛ノ山と栃の山そして常盤山親方)
JAZZ大好き(特にクリフォード・ブラウン・レッド・ガーランド・アート・ペッパー・シダ―・ウォルトン)
戦国武将大好き(特に大谷吉継・石田三成・直江兼続など西軍好き)
横浜DeNAベイスターズの大ファン!!!
創塁(つくる)パパです。
9歳。小学校3年生
やんちゃ坊主の父です。
マニアックさは
誰にも負けません(笑)

最新記事

にほんブログ゙村

にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。