よっしーのつぶやき

横浜ベイスターズのこと、落語のこと、大相撲のこと。JAZZのこと。

よってけ柴又落語会 その1

久しぶりの落語会へ。
場所は柴又。落語終了後。うなぎを頂く予定楽しみ(笑)

34889031_2127014204071294_1976717075455934464_n.jpg

両さんの町。亀有

つくるがすっかり、こち亀好きになり、亀有駅近辺を
両さんにちなんでラリーしてきました。
結構歩きました。 つかれた(笑)

30923823_2090288077743907_326228652421551345_o.jpg



31590562_2092940850811963_7309699661055393792_n.jpg

31776219_2092940770811971_6773821642415013888_n.jpg

31882863_2092940804145301_4528018277384847360_n.jpg

上野鈴本演芸場 権太楼噺 爆笑十夜 二日目

GWの合間。仕事でしたが、夜は時間が取れたので、久しぶりの鈴本演芸場へ。
当日券を購入して、「権太楼噺 爆笑十夜」の二日目。

曲独楽 三増紋之助 
ほんと、いつ見ても楽しい。そして「巧い」 トークもおもしろい。

落語 古今亭菊之丞  「権助魚」
落語ザ・ムービー(NHK)に出た時、役者が今話題のグループTのYさんだったとか(苦笑)
本編、菊之丞の「おかみさん」役は好きです。

落語 入船亭扇辰  「一眼国」
結構、寄席で時間がない時、扇辰師がかけるネタ。ネタとしてはあまりおもしろくないけどね。
いつもながら、安心の「落語」でした。

ギター漫談 ぺぺ櫻井
ギターで、JR山手線の発車メロディ。これは、初めて聴きました。
おわりは、「さよなら」で退場(笑)

落語 柳亭市馬 「雛つば」
市馬師も久しぶり。やっぱりいいなあ。安心します。
こしゃまっくれた、じゃりが「痛快」

落語 三遊亭歌之介 「龍馬伝」
楽しかったけど、龍馬は少ししか出て来ない。さすが爆笑王!!!

お仲入り

漫才 ホンキ―トンク
この二人の「狂気的」な漫才。大好きです。テレビでは絶対みれません。

落語 入船亭扇遊 「たらちね」
大好きな、噺家さんです。この方を聴いてつまらなかった覚えが一度もありません。
すばらしいです。

紙きり 林家楽一
まだ、若手ですが、この方の、なんともいえないキャラが好きです。
ごんちゃんが、後程、どんどん、お題でいじめてやってくださいと(笑)

落語 柳家権太楼 「らくだ」
今日は、らくだを聴きたくてきました。
いやあ、本編約50分。堪能しました。
大家の「性悪」さが楽しい。そして、屑やの「変貌」も秀逸。
らくだの舎弟((笑)も最高。
権太楼師の、ある意味「大胆さ」と「繊細」さの融合された落語は
落語を好きになる、「ベース」がすべて備わっている。
いつも、思います。感心します。

反省会は、中板橋で(笑)

31764631_2092295380876510_6212234722634891264_n.jpg


31776117_2092295427543172_8767392989879205888_n.jpg

むかし家今松独演会 国立演芸場 4月28日

久しぶりの落語仲間との会。
もしかしたら、今年初の「落語会」かもしれない(笑)

年末も、むかし家今松でした。今回も年明けにDMを頂いており
Sさんが、席をまとめて取ってくださったので、現地で待ち合わせ。


開口一番

柳家あお馬 「やかん」
前座さんですが、なかなか歯切れよし。期待できます。
小せん師のお弟子さんですね。

立川幸之進「黄金の大黒」
正直聴いているのがつらかった。まったくリズムがないし
くすぐりも「寒い」 厳しい言い方だが、勉強しなおしてほしい。
お金を出して聴く落語ではない。

柳家小せん「野ざらし」
いやあ、すばらしかった。
その前の、幸之進がひどかったので、ほんと、場の空気を変えてくれました。

小せん師は、サゲにもつながる「幇間」が出てくるところを「夜鷹」に変えています。
だれの、演出か調べたら作家の愛川晶さんの改作とか。
神田紅梅亭寄席物帳シリーズという、落語を題材にした「推理小説」を書いています。
ご一緒した、Kさんに伺ったら、小せん師は、この噺を寄席のトリでかけている「十八番」で
すよと教えて頂きました。今日は、ラッキーです。

むかし家今松 「花見の仇討」
昔から、「花見」などの「嗜好」ではよくこういう「仮装」のような演出をしていたことを
話しながら「本題」に。このネタ、たしか先代馬生も得意にしていたような。

いつも感じることだが、今松師のすごいところは、無理に笑わそうとしない。
いつも、自然体である。でも、「味」があるのである。通にはたまらない(笑)

お中入り

むかし家今松 「子別れ(通し)」
本編、通しにしたら、1時間半かけてもいいくらいの大ネタ。
でも、師匠は、約1時間で演じた。
無駄がない、でも「ポイント」はすべて注入されている。
これが、本当のプロの「落語」なのだと思う。

立川流の「だらだら」な二ツ目の落語を聴いてしまったので余計にそう
思ってしまったのかもしれない(苦笑)
古今亭がんばってくれよ。やっぱり「落語」は古今亭がいないとね。

反省会は、半蔵門駅そばの「栄翔」
初めて行きましたが、意外とあたりでした。餃子がうまかったなあ。

31400908_2088737707898944_4307847818761203994_n.jpg





ともさんと、食事に行きました。

久しぶりにともさんと、食事。

春場所は、5勝2敗で、来場所は幕下の30枚目代にあがりそうです。

膝の状態はまだまだですが、徐々によくなってきています。
体重も、15キロほど落したそうです。

一歩一歩。まえに進んでいます。十両復帰へ。
楽しみです。

o1080060714170008349.jpg

o1080060714170008432.jpg

o1080060714170008400.jpg

 | HOME |  OLD >>

Calendar

« | 2018-06 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30